• 伐採をする理由

    間伐によって木の数を適度に減らすことで残された木々は十分に枝葉や根を広げ、健康に成長することができます。さらに、地面に落ちた種子から若木が育つのを遮らないだけの余地も生まれます。

    Read More

  • 誕生した商品

    こんな間伐材を使用した商品も多数企業が製作しております。飲食店の割り箸や絵馬、看板など多数の商品に生まれ変わっているため間伐材が大変人気です。多くの企業が携わっているでしょう。

    Read More

  • 自分で伐採

    金銭的な余裕があるのなら専門の業者を頼んで芝生の手入れをしてもらうのがいいですが、そこまで出せない、高すぎるという方は道具を考えてみるのはいいかもしれないです。伐採をする道具はホームセンターなどで購入することが出来ます。

    Read More

深刻化する問題

年々深刻化する少子高齢化の煽りを受けて、高齢者だけしか住んでいない住宅が増加傾向にあります。電気が普及する以前の暮らしは、山で樹木を伐採し、その木材を食事や風呂の燃料としていたので、山が荒れるような事は無かったのですが、電気が普及してからは、木材を燃料に使う事が無くなったので、どんどん山が荒れていっているのです。そこで、現在の取り組みとして期待されているのが、森林の管理や伐採業務を一手に請け負う、プロの業者に代行をしてもらうという方法です。これらの業者は、専用の伐採機材やノウハウを持っているので、重労働で危険が伴う伐採作業を安心して任せられます。

自分で所有する山林の樹木(立木)といえども勝手に伐採をする事は出来ず、きちんと事前に伐採を予定している所の市町村長に届け出をしなければならないのです。山林の伐採作業は、市町村長への届け出の方法等、法律的な問題が大きい為に、経験豊富なプロの業者に代行してもらうのが一番ベストな選択です。利用方法としては、自分の所有している山林の事に詳しい業者(例えば森林組合など)に連絡をし、日時を決めて伐採をしてもらいたい場所と方法を現場で確認します。一通り確認作業が済んだら、後日見積もりが提出されるので、その見積りで納得が出来れば契約を結んで伐採作業に入ってもらいます。但し、思っていた以上に樹木の量が多かったり、時間がかかってしまい、必ずしも見積もり通りで済むとは限らないので、予算には、ある程度余裕を持って臨むのが賢い方法と言えます。